アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション:インフォメーション

2007年6月 1日

あのサービスが使えなくなる!?

夢実現のアファメーションを実践する起業家にもっとも読まれているブログは?

SEO対策には必須のツールが!!

もうご存知の方も多いと思いますが、6月4日でウェブ屋必須の“あのサービス”が使えなくなります。

SEOに興味のある方は誰でも一度は使ったことのある、あのサービスです。

詳細は↓で。

でも大丈夫。

http://www.overture.co.jp/ja_JP/rc/srch/tools/tools1.php

そう。

あの、SEO対策には必須の「キーワードアドバイスツール」です。

「新スポンサードサーチ」への移行にともなう措置で、2007年4月分のデータを最後に更新されなくなれます。
※ヘタするとキーワードアドバイスツールからデータを引っ張っていた外部サービスも使えなくなる可能性が。

「それってやヴぁいじゃんっ!」
「タダなのに!タダだったのにぃ~っ!!」
「だいぶレスポンスが遅かったけど」(ボソ。)

と思ったけど、新しいスポンサードサーチの内部ツールとして、新バージョン(?)が公開されるそうなので、とりあえず一安心。

新しいツールでは、なんと“予測機能”なんかもつくらしく、どんな感じなのか早く試してみたいものです。
(外部からは利用不可なので、オーバーチュアの利用登録が必要らしい。)

コンテンツ・オリエンテッド?

ただ、SEO(に限らずだけど)の技術やテクニックは日進月歩。

あまり小手先のテクニックに振り回されると痛い目にあう。(BMWやサイバーのように。)

さらには、最近は検索結果も「パーソナライズ化」が進んでいて、人によって検索結果が違う、という時代もすぐそこに。
※実際、すでにGoogleなんかではログインの有無で、キーワードによっては検索結果がだいぶ異なっているという報告もあります。

そうなってくると「見出しには○○を入れましょう」とか、「タイトルはこう書きましょう」とか、もちろんそれらムダじゃなくて、むしろ「必須」なんだけど、それ以上にそのページ(またはサイト)の“内容”が重要になってくる。

つまり、多くの人に読まれ、愛され、そして認められる内容=コンテンツがますます必要になってくる。

んが。

ただそれだけじゃやっぱりダメポ。

コンテンツって誰のため?ってのが一番重要なわけで。

つまり、

「コンテンツ・オリエンテッド<ユーザー・オリエンテッド」

ってことっす。

まぁ、最近の商売の世界では当たり前のように言われていることで、いまさら僕みたいなちんちくりんがエラそーに言うことでもないですけど。(汗)

ユーザーのためのコンテンツ。
ユーザーにただ迎合するのではなく、ユーザーをほんとの意味で満足…いや、感動させるコンテンツ。

今一度キモに命じておきマッス!

この記事に関連する(かもしれない)書籍

 

投稿者 kuro : 2007年6月 1日 13:34 | ID:254

ページトップ△

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dokuritsu-kigyo.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/254

コメント

ページトップ△