アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション:ライブラリー

2010年3月21日

SMOを意識して、bit.lyを経由して、簡単にツイッターに短縮URLを投稿するJSを設置。

夢実現のアファメーションを実践する起業家にもっとも読まれているブログは?

SMOとは?

最近...というかだいぶ前からよく耳にするようになった「SMO」という言葉。

相撲(SUMO)の略語...じゃないですよ。

SEOだのSEMだのの文脈のなかで語られることが多い、

SMO(Social Media Optimization=ソーシャルメディア最適化)とは、ブログやソーシャル・ネットワーク・サービス、ソーシャルブックマーク、OK WaveやYahoo!知恵袋、教えて!GooなどのCGM系サイト(ソーシャルメディア)での認知度や評判を高め、サイトのサクセスやコンバージョンを向上させることを言います。

井戸端会議をオンラインで。

なんて、小難しく言わなくても、井戸端会議で自然発生的に、

『ねぇねぇ、そういえば奥さん知ってる?...いい化粧品があるのよ...』

とクチコミで広がっていく、あんな感覚に似てるんじゃないでしょうか?

んで、そのSMOを提唱したRohit Bhargavaさん(なんて読むんだ?)に言わせると、SMOの実現のためには5つのルールがあるらしい。

  • 「リンクしやすくする」
  • 「ブックマークやタグ付けをしやすくする」
  • 「リンクに対して褒章を与える(リンク元リストやトラックバックリスト)」
  • 「コンテンツをWebの外に持ち出しやすくする(音声やPDFなど)」
  • 「マッシュアップを奨励する」

というもので、ユーザーがその情報を手軽に使いまわせる仕組みが必要なわけです。

普通のブログや情報サイトもそうですが、商売をやっているサイトでは、ユーザーの『クチコミ』に勝る宣伝効果はありません。(いや、そんなことはないか。でもすごく重要なのは確か。)

気軽にツイッターに投稿できるように。

んじゃ、その仕組みとは...まぁいろいろありますが、前述のソーシャルブックマークや、最近は何かと話題のツイッターがいい例ですね。

ツイッターは、140文字という制限がありながら、ケータイやPCから、プライベートや仕事中を問わずユーザーはいろんなことをつぶやいています。

...ということで、先日制作した複数のショッピングサイトにも、ちょっとSMOを意識して、ブックマーク支援ボタンと、ツイッター投稿ボタンを設置しました。

とくにツイッター用のボタンは、ページのタイトルを返すのではなく、個々の商品についてツイート(つぶやき)できるように、商品リスト各々にぶら下がるようにしました。

実装にあたっては、

【bit.ly 対応版】見ているページをReTweetするブログ用ボタン [C!]

や、

Twitterへの投稿リンクの作り方 - 山崎はるかのメモ

GA に対応したblog投稿通知(bitlyでtwitterに流す) | Google Analytics アクセス解析

などで、いろんなスクリプトやプログラムを調べて実験したけど、今回は「Easy Retweet Button」を利用。
(※仕様上、ページが表示された時点で自動でbit.lyで短縮されたURLを返されるので、それがちょっといやなんだけど。)

実際に設置したサイトがこちら。

グループサイトなので、すべて同位置、同系色で設置しましたが、bit.lyのAPIKeyやIDを取得して、あとはちょこちょこっとCSSをいじると、簡単にボタン風(画像を使わずに)のツイッター投稿ボタン(?)が設置できます。

ユーザーが商品を検索し、その商品に興味をもったら、メモがてらツイッターで商品のことをつぶやく...その商品に同じ属性のユーザーが興味をもって...そんな風に情報は伝播していくんです。

まぁ、もちろんネットやソーシャルメディアはいい面ばかりではないけれど、せっかくのツールなので積極的に使ってみようということで。結果が楽しみです。

※10/03/26追記。
...と、設置してすごく便利だったんですが、ページの読み込みに時間がかかるという弊害が起こったので、暫定的に外しました。(汗)

この記事に関連する(かもしれない)書籍

 

投稿者 kuro : 2010年3月21日 01:55 | ID:408

ページトップ△

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dokuritsu-kigyo.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/408

コメント

ページトップ△