アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション: 2013年1月

2013年1月18日

変わりたいのに変われない...そう思っている人たちに共通していること。

成功者になるための必読ブログとは?

新年から頭フル回転!

久しぶりの投稿。

去年はずっとインプットの年で、いろんな学びに精力的に参加していたけれども、新年早々、井口さんの7時間(!)のセミナーに行ってきました。

んで、そのセミナー、どうやらだいぶ好評だったようで、東京:2月3日(日)と大阪:3月20日(水祝日)で追加開催されることが決定したらしい。

http://bit.ly/VNMwqe

井口さんは、世界的に有名なアンソニー・ロビンズ(クリントンやアガシのメンタルコーチ)のお弟子さんで、他にもマイケル・ボルダックやミリオネア・マインドのハーブ・エッカーとも親交があるそうな。

自分を変えたいのに変えられない!

変わりたいのに変われない...そう悩んでいる人も多いはず。

現状に不満を持ち、居酒屋で同僚とたむろして、または家のキッチンで一人酒を飲みながら、世の中や会社に対する不平不満を口にする...

「会社がダメなんだ...」
「世の中がこんなだから...」

もちろん、それもすごく大切なこと。そう思っているのは事実だから。我慢したって、感情を抑えつけたって、何もいいことはない。負の感情を溜め込まないために、思う存分、不平不満を垂れ流せばいい。

んがしかし。一息ついたらちょっと考えてみる。
それって...虚しくないか?

ボクも...恥ずかしながら、そんな時期もありましたさ。
今までに何度かあったけれども、一昨年なんて、まさに不平不満のオンパレード。自分以外のものに責任をなすりつけて、自分は悪くない、自分以外の何かが悪いんだ...そんな状態(^_^;)

そんな人たちに共通しているのはズバリ「アクションを起こしていない」それに尽きる。

意識的には現状から抜け出したいと思っているのに、潜在意識的に見れば、自分以外の何かに原因がある、そう「信じて」変われない自分を正当化して、心地良さを感じている...という矛盾した状態。

コンフォートゾーン(居心地のいい領域)にいる限り、変化を起こすことはできない。

なぜならば...居心地がいいんだからw

変わるには、何らかのアクションが必要だ。
たとえそれが他人から見たら小さな一歩だったとしても、その一歩が、今とは違う自分の未来を創る大切な一歩になる。

そして、何らかのアクションを起こすには、まずは自分とは違う価値観に触れてみる。
知らない場所に行って、知らないことに身を投じて、自分の知らないことを知ってみる。

「この時代、ネットもあるし、本もあるし、友だちと話せば自分とは違う価値観に触れることは簡単だよ。」

確かにそうかもしれない。けれども...それは今までもやっているでしょ?

だったら、今までとは違うことをやらなければならない。
なぜならば、今までと同じ=現状維持なんだから。

知らなければ見えないもの、今までとは違う価値観...今変わらなければ、いつ変わるんだ?

セミナーに行く...慣れていない人にとってみたら、人の話を聞くだけで数千円〜数万円、はたまたウン十万円払うなんて、考えられないことかもしれない。

特に、こういうセミナーってやたらと高額なものが多い(実際、井口さんのセミナーも元値は30万円!)けれども、それが5千円...。

あ、怪しい...。そう思う人もいるかもしれない。

でも、なんでそんなに破格なのかは、商売をしている人ならば想像つくとは思うが、その後ろにはバックエンド商品があるから。
んじゃ、それを売りつけるためのセミナーなのかというと、そんなことはない。

むしろ、5千円ポッキリのこのセミナーが、まさに「自分が変わるためのキッカケ」というつもりで受けてみれば、そこには多くの学びがあることに気づくはず。

そもそも、何かを売り込まれる...そう思っている時点で、自分を放棄しているってことでしょ?

モノを買うときには、自分の意志で買うんだから、何かを売り込まれるなんてありえないんじゃんw

要は...何を教えてもらうかではなく、何を学ぶかは自分自身の受け取り方にあるんだから。

今までこういうセミナーに参加したことがない人も、呑み代1回分の値段で7時間も面白い学びが得られるんだったら、まずは試しに行ってみるのもアリかもよ。

http://bit.ly/VNMwqe

ちなみに、ボクはね...1月5日に行ったんだけど、十分もとをとったので大満足でした\(^o^)/

 

投稿者 kuro : 15:32 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:430

ページトップ△