アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション:ライブラリー

2007年9月23日

「時間」は平等だけど平等じゃない。-トランス状態における「時間歪曲」と「アソシエーション」。

夢実現のアファメーションを実践する起業家にもっとも読まれているブログは?

「時間」っておもしろいっす。

なんだか速いよ。
時間が経つのが。

日常のスピードが加速しているみたい。

それって、日々の生活が満たされて、充実しているってことなのかも。

彩りのある人生…。これってとても大事です。w

「時間」は平等。でも感じ方は違う。

本来、時間ってのは万人にとって平等なもの。
この世の中で、唯一平等に与えられたものかもしれない。

でも、その時間をどう感じるかは、僕ら“受け手”の感じ方に委ねられている。

ほら。
子供のときもあるでしょ?

フォークダンスのとき、好きな子といっしょに手をつないで踊った時間はほんの一瞬。

逆に、同じ曲なのに、人数調整のために女子列にまわされちゃった男の子と踊った時間が、どんなに長く感じられたことか…w

それとか、例えば旅行。

前日まではその日が待ち遠しくて、一日一日がすっごく長く感じられて、まさに“指折り”その日を待っていたのに、旅行の最中はあまりにも楽しくて、密度が濃くて、充実していて、気づいたらもう最終日…みたいな。

「あともう一日!」
「もっとゆったりと過ごしたいっ!!」

ホントに時間の流れを速く感じる…あんな感覚…。

感情をともなった記憶は、「現実」に勝るとも劣らない。

でもね。

「一瞬」でも、ずっと胸に刻まれている記憶ってのは強い。

ふとした瞬間に、思い出したりすると、一瞬にして胸を焦がす。

常に青白くちろちろと燃えていた小さな炎が、その瞬間に酸素を取り入れて火の勢いを増すって感じで。

フォークダンスの女の子も、時間的には一瞬に感じられたとしても、感情の密度はほかの誰に対するものよりも濃いもんね。w

旅行だってそう。

細かいディテールを思い出すと、感情や感覚がリアルに呼び起こされる。

目をつぶって、自分がその場にいたときのことを思い出し、そのとき触れたものに触れてみる。

例えば、ベランダの手すりや、頬をなでた風や、ホテルのふとんの質感、そのとき感じた身体の感覚なんかを、そのとき感じた感情といっしょに確かめてみる…。

耳をすまして、そのとき聞いた街の音や声に耳を傾けたり、目に焼きついた景色や顔や身体を、「記憶」と「感情」をフル活用して追体験してみる…。

……

………

…どう?

ただ「思い出す」よりも、ぐっとリアリティが増したんじゃない?

人の脳は「現実」と「リアルな想像」の区別がつかない。
なぜならば、どちらの情報も、同じ脳が処理しているから。

トランス状態における「時間歪曲」と「アソシエーション」。

ちなみに、催眠の技法のひとつに「時間歪曲」というものがある。

カウンセリングやセラピーでは、被験者や自分をトランス状態(変性意識状態)に誘導して、この時間歪曲を体験してもらう。

過去の苦痛やつらい思い出を短く短縮して、さらに俯瞰して見られるように…なんてときに、この時間歪曲を利用する。

また、楽しかった思い出や、もっともっと感じていたい事柄を、じっくりと体感するために時間を長く感じるようにしたり…。

辛かった1日を半日にしたり、1時間を10分にしたり、
また、1分を10分に感じたり、10分が1時間に感じたり…。

さらに、いい思い出であれば、「アソシエーション」という状態を利用する。

「アソシエーション」とは、思い描いているイメージの中で、より主観的に追体験するというようなこと。

簡単に言うと、映画をスクリーンで見たり、テレビ画面で見たりする(これは、逆にディソシエーションという状態)のではなく、自らが演者となって映画の世界を体感する…って感じかな。

トランス状態って、実は普通のことなんです。

…って、なんだかすごいことのように聞こえるけど、結局やってることは↑のフォークダンスや旅行の例と同じ。w

トランス状態(変性意識状態)って、気づかないだけで、実は日常的に体感していることなんです。

つまり、それが自然に起こっているか、それとも他者(もしくは自分)が、言語や非言語を通して意図的に起こすか…っていう差があるだけ。

ってことで、今度また試してみようかな。w

ちなみに、トランス誘導された状態って…すっごく気持ちいいんです。

ふわふわとして、何かとても大きなものに包まれているようで…。
(もちろん、人によって違います。)

ご希望の方がいたら、またいつか。

時間の流れを速く感じたってだけで、気づいたらプチ☆ヒプノセラピー講座に。(汗)

ついつい僕自身が“トランス状態”になってしまいました。w

この記事に関連する(かもしれない)書籍

 

投稿者 kuro : 2007年9月23日 19:40 | ID:299

ページトップ△

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dokuritsu-kigyo.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/299

コメント

ページトップ△