アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション:起業ストーリー

2007年12月21日

閉ざされた扉。(メタファーを使ったリフレーミング。)

夢実現のアファメーションを実践する起業家にもっとも読まれているブログは?

終わりは、次の始まり。

なにか困ったことが起こったとき。

扉が閉ざされた…なんて言うことがある。

目の前が真っ暗になって、進むべき道を失った…みたいな。(汗)

でも、そんなことを思ったときに、ちょっと視点を変える、面白い考え方があります。

古い扉と新しい扉。

それは、こんな感じ。

「その扉は、実は自分の後ろで閉じただけ。そして、目を凝らすと、ちょっと先には新しい扉がある…」

「そう。古い扉を閉じたってことは、あなたは新しい扉を開ける“カギ”を得たってことなんだ」

前に置くか、後ろに置くか。

この“扉”は、言葉の“あや”、つまりイメージの産物。
なので、自分自身でコントロールすることができるはずです。

そして、その閉ざされた扉を、自分の前に置くのか、それとも自分の後ろに置くのか…。

たったそれだけで、見える景色が違ってくる。感じ方が変わってくる。
そして…もしかしたら考え方も変わってくるかもしれません。

仮に、“過去の扉”を閉じた…って考えることができれば、それは今までのことが終わって、単に一区切りついたってだけのこと。

さらに見方を変えれば、それは新しいことが始まる前兆にすぎない、もしくは、新しいことを始める準備ができたってことなんだ…って。

自分に降りかかってきた“できごと”をどう捉えるか。

マイナスをマイナスのまま捉えるか、それとも転じてプラスにするか…。

カウンセリングやセラピーなどでは“リフレーミング”というテクニックによって、マイナスをプラスに転じるというようなことをするけれど、今回のこの扉の話も、メタファーを利用した一種の“リフレーミング”です。

もちろん、不測の事態や、何か困ったことが起こったときに、すぐにそんな風に考えることはできないかもしれません。

けれども、少なくともそうゆう考え方もあるんだ…ということを知ることはできました。
まずはそれだけで十分。

あとは、余裕があるときに新しい扉を探し、そしてその扉を見つけたら、こんどはその扉を開けることにフォーカスすればいいんです。

そんな含みを持ったお話…ほかの人に刺さるかどうかはわからないけど、少なくとも僕には刺さりました。

なので、備忘録としてここに書いておきます。

んが、んんっ!

…と、最後は昔のサザエさん風に。(なぜ?)

この記事に関連する(かもしれない)書籍

 

投稿者 kuro : 2007年12月21日 02:34 | ID:322

ページトップ△

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dokuritsu-kigyo.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/322

コメント

ページトップ△