アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション:ライブラリー

2009年5月10日

Gmailで特定のメール“だけ”を転送させない方法。

夢実現のアファメーションを実践する起業家にもっとも読まれているブログは?

ってことで、引き続きGmailネタ。

前回のエントリーに引き続き、「Gmail」の小ネタです。

…一度集中すると、ノッてるときに勢いでガーッとやりたい人なのでw

さて。Gmailをスパムフィルタ的に使って、とりあえずどっかのメールアドレスに転送するように設定するには、Gmailにログイン後、「設定」の「メール転送と POP/IMAP」にて、転送先のメールアドレスを指定すればOK。
(僕の場合はケータイのアドレスを指定しています。)

一度設定すれば、あとはずんどこずんどこメールを転送してくれるので、便利便利。

んが…。

Gmailで特定のメール“だけ”を転送させないようにするには?

普通に使う分にはこれでいいんだけど、これだと迷惑メール&ゴミ箱以外のメールはすべて転送されてしまう。

でも、PCあてのメールをすべてケータイに転送するのは効率が悪いし、そもそもボリュームが大きいものや受信数が多いもの(メルマガとか)はケータイには転送したくないってこともあったりする。

そうなると特定のメールアドレスからのメールや、特定のラベルをつけたメールを「転送しない」っていう設定をしたいんだけど、探してみると前述の「メール転送と POP/IMAP」にはそういう機能がない。

「こんなに便利なGmailなのに、そんなこともできないのかよ…」

と思ったら、意外と簡単にできることが判明。

Gmailの高機能な振り分け機能(フィルタ)を使う。

上記の「メール転送と POP/IMAP」パネルだと、「指定したアドレスに転送する」ってことしか設定できないけど、Gmailの高機能な「フィルタ」を使えばいろんな条件でフィルタリングして、指定した条件によって転送先のメールアドレスを変えるなんてこともできちゃう。

でも、フィルタの設定にもやっぱり「転送しない」という項目はないので、そのままではできないんだけど、逆転の発想(?)で対応できちゃうんです。

たとえば、「hoge@hoge.comからのメールは転送しない」としたい場合、逆を考えれば

「hoge@hoge.comからのメール以外は転送する」

とすればいい。具体的には、

まず、「メール転送と POP/IMAP」のメール転送設定は解除します。(※これ重要)

そして、「設定」⇒「フィルタ」⇒「新規フィルタを作成」を実行すると、フィルタの条件指定の項目が表示される。

そのなかの「含めないキーワード」に

「from:hoge@hoge.com」

と入力し、「次のステップ」をクリック。

んで、「次のアドレスに転送する」にチェックを入れて、転送先のアドレス(僕の場合ケータイメール)を指定してフィルタを作成。
(既読にする、ラベルを付ける、受信トレイをスキップなどを指定したい場合は適時設定。)

こうすることで、「hoge@hoge.comからのメール以外」をすべて転送する、つまり「hoge@hoge.comからのメールは転送しない」というフィルタができました。(パチパチw)

さらに、特定のメールアドレスではなく、特定のラベルを付けたメールのみ転送させたくない場合は、「含めないキーワード」に、

「label:ラベル名」

とすれば、そのラベル名の付いたメールのみ転送しないフィルタを作ることが可能です。

さらに調べるとGmailにはさまざまなフィルタ用のコマンド(?)や、条件の設定方法があるようなので、組み合わせたら相当いろんなことができそうです。

やっぱりGmailってスゲー。

この記事に関連する(かもしれない)書籍

 

投稿者 kuro : 2009年5月10日 00:37 | ID:366

ページトップ△

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dokuritsu-kigyo.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/366

コメント

ページトップ△