アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション: 2011年10月

2011年10月 6日

スティーブ・ジョブズというカリスマ。

成功者になるための必読ブログとは?

昨日久しぶりにブログの更新をして、新しいiPhoneとアップルについて書いたけど、朝起きたら…スティーブ・ジョブズ死去のニュースが。

今年の8月にはCEOの座を退いて、すい臓がんの治療に専念していて、昨日のiPhoneの発表も新CEOのティム・クックによるものだった。

去年・一昨年ぐらいから、基調講演に登壇するたびに痩せていくジョブズの姿は、素人目に見ても体調が良くないことは分かるほどで、引退のニュースは残念だったけれども、また元気になって戻ってくる…漠然とそんな想いがあったのも事実。

でも、人はいつか死ぬ。

もちろん、ジョブズは友人でもないし、ましてや近しい人間なわけじゃないけれど、MacやiPhone、iPodといったプロダクトを通して、なぜか身近に感じている人も多いんじゃないだろうか?

ダメな子ほど可愛く見える。

僕は初めて自分で買ったPCはMacのノートPC(PowerBook540C)だった。
パソコンでデザインができる...という言葉を鵜呑みにして、どうせだったら外に持ち出してカフェで作業できたらおしゃれだなーw
...と、周辺機器を合わせたら80万というバカ高いおもちゃだった。

にも関わらず、当時使いたかったPhotoshopが使えない(コプロが付いていない)ということに買ってから気づいて、けっきょく毎日日記を書くだけの、超高級ワープロと化してしまった...なんて苦い思い出がある。

当時のOSは漢字Talk7で、メモリは少ないし、モニタなんて640x480!もちろん(?)すぐに落ちるし、『作業したらcmd+s』と呪文を唱えながら、常にドキドキしながら操作してた気がする。

それでも...なんとなくワクワクしたんだよなぁ。

やっぱりどこも同じのWindowsじゃなくて、Macには遊び心や想いが詰まってる気がして...

周りの連中も、たとえMacが落ちてデータを保存していなくて、悶絶しても

『まぁ...Macだしなぁ』

と、許してしまうという溺愛っぷり。
ダメな子ほど可愛く見えるとはまさにああいうことを言うのかもw

途中、ウェブの仕事の都合でWinに浮気(?)したけど、やっぱりMacが好きみたい。

周りのウェブ屋連中も、気づいたらほとんどWinからMacに出戻りしてて、Macの話をすると、なぜか共通の友だちの話をするみたいに盛り上がるんだよね。

...ちょっと気持ち悪いけど、Appleの製品にはそんな魅力があるんだろうなぁ。

カリスマは死んでも生き続ける。

相棒のスティーブ・ウォズニアックとガレージで創業し、つねに妥協せず、Apple I や Macintoshなど、自分の思い描いた夢を実現するために突き進んできたスティーブ・ジョブズ。

一時は自ら招き入れた社長(元ペプシ)に会社を追われたりして、不遇の時代もあったけど、カムバックしてからのここ数年の躍進はまさにジョブズによるものだから、すごく感慨深い。

攻撃的で、気分屋でわがままで、気に入らないことがあれば当たり散らし、気に入らない社員はすぐにクビにしてしまう...といった、かなりワンマンな経営者だったと言われているが、確かにそうなんだろう。

当然、敵も多いかもしれないけれど、それでも他にはない強烈な個性と想像力、そして子供っぽさが、彼の魅力であり、カリスマと呼ばれる所以なのかもしれない。

Appleという会社、そしてMacやiPhoneといったプロダクトを残し、さらには歴史に名を残す偉業を成し遂げた人の死は悲しいけれども、彼の意思や想いはこれからも生き続ける。

日本の片隅から、ご冥福をお祈りします。

 

投稿者 kuro : 15:17 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:425

ページトップ△

新しいiPhone(4S)の発表とアップルという会社に思うこと。

成功者になるための必読ブログとは?

ども。長い間冬眠状態から目覚めて、久々のブログ更新です。(汗)

先日(日本時間の10/5午前2時)のAppleによるiPhoneの新機種発表。

当初のうわさでは『iPhone5』の発表か!?と思われていたけれど(Appleストアのフライングもあったしw)、現行機種のアップグレード版の『iPhone4S』の発表で、肩透かしをくらった...的な記事もあり、僕も最初はそう思っていました。

んが!

友だちから教えてもらった、20年以上も前にAppleが発表した未来を描いたコンセプトムービーを教えてもらって、ちょっと考えが変わりました。

『Knowledge Navigator』と呼ばれるこのコンセプトは、まさに今回発表されたiPhone4Sによって実現されたからです。

詳しい記事はこちら⇒
Appleが1987年に予想した未来が18日遅れで実現されてる。(動画あり)

FaceTimeや今回の音声入力サービス『Siri』など、20年以上も前にこの動画を作ったというAppleの想像力。
また、それを実現する創造力がすごい!
※あ。『Siri』は独自開発ではなくて、買収して手に入れたんだけどねw

空を飛びたいという想いがあったからこそ、ライト兄弟は空を飛んだ。

それと同じように、こんな世界を実現したいという強い想いがあったからこそ、iPhoneやiPadが生まれた。

...Appleって、とことん夢のある会社だなぁ。

想像力と創造力。この二つを育てていこう。

もちろん夢を夢で終わらせないために、それを実現するための技術革新や開発をしてきた結果が、いまのAppleなんだろうけどね。

会社は存続しなければならず、そのためには売上(利益)は絶対に必要。
そりゃあなた...大事なことだから二度言うけど、売上(利益)はめちゃくちゃ大事。(ママさんの井戸端会議風に)

Appleだって、今の成功からは想像できないほどの苦しい時代があって、一時はMSに身売りする...なんて話もあったぐらいだし。

でも、でもね、流行りの技術や目先のツールばかりで、未来を思い描いた思想もなく、もしくは『もともとあった』思想や理想が形骸化し、意味をなさなくなった...。

そんな会社...けっこう多いんじゃないかな。

『目先の利益』は会社を存続していくうえで、絶対に不可欠なのもの。
けれども、それに目が眩み...とまでは言わないけれど、本来提供されるべき商品やサービスの『クオリティ』をチェックもせずに、流行りものの言葉やコピーを並べ『単なる枠組み』だけ作ってリリースし、中身の薄い...いや、中身のない、思想のない商品やサービスを提供してはいないだろうか?

机の上でソロバンを弾いて作った、想いの込もっていない商品やサービスは...ユーザーや顧客にすぐにバレるよ。

『あぁ...私は大事にされていない』

...って。

当然、ものにもよるだろうけど『その場限り』の商品やサービスなんて、誰も欲しくないもんねw

その商品やサービスを手にするとき、人はその商品やサービスそのものではなく、それらによって得られるであろう『未来』に期待し、価値を見出すんじゃないだろうか?

Appleの製品やサービスには、見た目の洗練さとともに、そういう未来を感じるから人は熱狂するのだ。
いや、そういう未来を見せるためのひとつの答えとして、あの洗練されたプロダクトやインターフェイスが生まれてくると言ってもいいのかもしれない。

夢のない会社、そして、未来を思い描いていない会社はいずれ淘汰されていく...。

アラン・ケイ曰く、

『未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである』

自分自身への戒めと、新たな気づきとしてここに書いておく。

 

投稿者 kuro : 01:35 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:424

ページトップ△