アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション: 2007年3月

2007年3月31日

久しぶりに渋谷で夜遊び。

成功者になるための必読ブログとは?

なんとかひと段落。

月末に納期が集中して、バタバタと忙しく仕事をしてました。

なんとかすべて納期に間に合わせることができて(っつか当たり前だけど。)、昨日(金曜日)は久々に前にいた会社の連中と飲みに行ってきました。

久々のS81飲み会。

後輩から、

「今回は10人以上参加っす。こんなに集まるの久しぶりですよねー!」

と、電話があったのが先週あたま。

仕事が長引いたので、ちょっと遅れ気味に行ったらなんと!

4人しかいませんでした。...orz

あとから2人合流して全部で6人になったけど、もう、しょっぱなからぐだぐだです。まぁ、予想してましたけど。

主催した後輩も

「ぼ、僕がいけないんですかね…。」

と凹んで(もちろん冗談で)ましたが、それはそれ。

相変わらずバカテンションで盛り上がりました。

明日(土曜日)も朝からあるので、電車のある時間に帰ろうと思ってたけど、結局やっちゃいました。

…朝まで。

まぁ、4時ぐらいには帰ったので、以前よりはまともですけど。

この雰囲気は…プライスレス。(パクリ)

集まった連中はすでに以前いた会社を辞めていて、それぞれ別々の道を歩んでいます。前向きな仲間ばかりなので、話しているだけで元気が出るし、とにかく密度が濃い。

お子ちゃまだった後輩も、フリーで仕事したり、バリバリ営業していたりして、技術的にも人間的にも僕をはるかに凌駕するぐらい成長していて(偉そうですんません。)、とても頼もしく感じました。

こういうモリモリした雰囲気ってお金じゃ買えないなー。
マスターカードのCMもウソじゃないなーと。
僕も負けずにがんばりたいなーと。

いい刺激をもらいました。

渋谷の“隠れ家”見つけました。

ちなみに今回行ったお店は渋谷のラウンジ。
1月にオープンしたばかりの新しいお店です。

本来は会員制(全然安い)なんだけど、今はまだ会員募集プレオープンで、さらに知り合いがプロデュースしたお店なので入れてもらいました。場所は…ひみつです。(ウソです。)

雰囲気としては“西麻布のロメオ”な感じ。
内装は黒が基調で照明も暗く、なんかこう…エロいです。w
あのロメオっぽいダークでディープな雰囲気が全開のエロいお店です。

僕らの席の反対側では、ギャル系雑誌のモデルの子たちが、バースディパーチーを開いてました。

お店の看板とかも出ていないので、隠れ家感ばっちり。(一応会員制だし。)
まだそんなに知られたお店じゃないので空いてたし、またひとついいお店が増えました。w
(頼んでもいないのにテキーラのショットを持ってくるのはやめてね。w)

よっしゃ。またモリモリテンションが上がったぞ。

みんな楽しみながらがんばりましょー!!
(行きたい人がいたらまた連れてきます。)

 

投稿者 kuro : 10:30 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック(0) | ID:250

ページトップ△

2007年3月15日

日ごろのリサーチが重要です。(ふたたび。)

成功者になるための必読ブログとは?

なんで「白い日」なんだろう?

今日はホワイトデーです。
(ちなみには↑は日本固有の呼び名らしく、ホワイトデーの由来はこちら。)

まぁ、一般的には日本のお菓子業界が作り上げた、世の中のうかれポンチな紳士淑女(?)たちの財布を狙ったバレンタインというイベントの「お返しデー」として定着しています。

「けっ!そんな陰謀に誰が乗るかっ!」

と心の奥底で叫びながら、実際にはしっかり踊らされてみました。w
(これ以降は頭の中で“チャンカチャンカチャンカチャンカ…”と、祭ばやしのBGMをオンでお願いします。)

あなたの欲しいものはなんですか?

前回のハワイ土産&バレンタインデーのプレゼントでブルガリのお財布をもらったので、いろいろとプレゼントを物色していたけど、いかんせん女の子の欲しいものなんて…高校二年の数学のテストで出た連立方程式の答えぐらい分かりません。(ちなみに赤点2連続でしたが何か?)

「何が欲しい?」

とダイレクトに聞いたって、

「ちゃんとリサーチしてよ。」

と返される始末で、日ごろの「リサーチ」がとっても重要なことを改めて感じます。

あんぽんちんだってがんばりますっ!

んが。

このへんは前フリみたいなもので。w

「普段そういう細かいことに気づけない、あんぽんちんなダメ男。」

を演じるため作戦です。…っつか、いや、マジで。ホントに、さ、作戦ですよっ!
(演技じゃなくてホントに気づけていないだろ!…っていう大半の方の突っ込みはスルーさせていただければ幸いです。)

こほん。冗談はさておき。

以前、

「リングが欲しい。」
「シルバーやホワイトゴールドよりもピンクゴールドが好き。」

なんて言ってたのをうっすら記憶していたので、それ系のアイテムを物色。

いろいろなお店を見て回ったけど、結局もらった財布と同じブルガリの定番ライン、B.zero1のピンクゴールドのリングを選びました。

ドンキホーテとか、並行輸入の激安店でちょっと節約…って一瞬思ったけど、

「も、モノじゃなくて気持ちなんだよ!」

ってことで、そこは思い切って渋谷東急本店に入ってる正規店で。

メジャーなMサイズやLサイズだと結構ボリュームがありすぎて、手の小さいベイベーにはちょっと大きすぎ、さらに他のサイズだとピンクゴールドがないということで、あえてXSサイズを選択。
(値段的にMやLはちょっと無理…だったのはナイショです。)

先週からリサーチのために何度か足を運んでいたので、お店の人にも顔を覚えられて、担当の人とああだこうだいいながら、最終的な「これ!」ってのを選ぶのはなかなか楽しかったっす。

サイズって難しいね。

プレゼントでリングを選ぶとき、我々男性が必ず引っかかるのが、いわゆるリングサイズってやつです。
自分のサイズだってまともに知らないのに、ましてや性別の違う他人のサイズなんて…って感じですよね。

でも、女の子のリングサイズって、なかなか聞きづらくないですか?
だって…サイズいくつ?って聞いたら、

「あ、指輪くれるんだっ!」

って思われちゃいますから。w

んなわけで、今回はベイベーのリングをひとつだまって拝借して、

「これと同じサイズのものを。」

というベタな方法でクリアすることにしました。

でも、B.zero1はその製品の特性上、お直し不可&返品不可の商品らしく、かなりちゃんとサイズを知らないとエライ目にあうということで、ネタバレ覚悟でベイベーに電話。(かっちょわるっ!)
結局彼女自身もよく分からないらしく、持っていったリングを、サイズを測る棒(あれなんて言うの?)で測って、さらに担当の人にはめてもらい、サイズを選びました。

ネタバレしちゃったけど。

今日はベイベーも渋谷に出てきていたので、いっしょに帰るついでにちょろっとプレゼント。
結局ネタバレはしちゃいましたが、欲しかったものだったみたいで、予想以上に喜んでもらえた(ような)ので、贈った僕もハッピーです。

食事はもちろん高級レストランで…ってわけにもいかず、お財布との相談のうえ近所のラーメン屋で。w

いろいろと“詰め”が甘いですが、そういうところはご愛嬌でカバー…できるようにがんばりますっ!

…っつか、もっと稼ぎたいなと。
いや、決めた。稼ぎます。うぉーっ!!

まぁ、こんなこと書いてる時点で、半分以上は自己満足かもしれません。
けれども、僕は意外と単純なので、こういうことでもモチベーションって上がちゃうんです。w

「他人を幸せにするにはまず自分から。」

有り余るほどのハッピーを手に入れて、いろんな人を幸せにしたい…ではなくて、幸せにします!

 

投稿者 kuro : 00:56 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(6) | ID:251

ページトップ△

2007年3月 8日

僕らが成功しないわけがない。

成功者になるための必読ブログとは?

独立のときに決めたこと。

タイトルはあえて「二重否定」です。“混乱技法”のときにも良く使われます…関係ないけど。w

さて、自分が独立するときにいくつか決めたことがあります。

このブログの初期のエントリーにも書いたし、毎年の年始のアファメーションにも書いているけど、そのひとつが

「お客さんはもちろん、家族や友人に対して誠実に。」

ということです。

悲しい結果。

「誠実に…」なんていうとかっこよすぎるけど、要は「人を裏切らない」ということです。
(具体的には「できない約束はしない」とか。)

「世の中は勝つか負けるかじゃん。だったら勝つためには手段を選ばない!」

なんてひねくれた考え方もありますが、仮にそれで成功したって、いつか誰かに足を引っ張られちゃいます。それに、それじゃやっぱり「僕の理想とする幸せ」じゃないなーと。

…えぇ。甘いです。
僕の大好きなショートケーキ並みに甘いです。
そして思いっきり理想論です。

その甘さゆえに、残念ながら“結果として”期待を裏切られちゃうこともあります。
(あくまでも相手の意識・無意識に関わらず“結果として”です。)

そんなことがあると、ちょっと悲しい思いもします。

僕も人の子なので、予想外の残念なことがあると心が折れそうになります。
そんなときはついつい、

「甘い理想なんて捨てて、他人を踏みつけて成り上がったほうが簡単じゃないかっ!」

なんて思っちゃうこともあります…確かに、短期的にはそのほうがラクだし。w

甘い理想を実現させる。

でもね。

やっぱり理想をなくしちゃダメなんです。
理想を追い求めることをやめちゃダメなんです。

かのライト兄弟も、どんなに周りの人たちからバカにされても、ただ純粋に「空を飛ぶ」という理想を追い続けたから「空を飛んだ」のです。

「お客さんや仲間と、楽しみながら成り上がる。」

どんなに他人に「甘いっ!」と言われようが、この理想を実現させるためにがんばりまっす!(それこそ外部の人が羨むぐらいに。w)

ちょっとぐらい悲しい思いをしたっていいじゃないか。
それはほんの一瞬のこと。それ以上に素敵な出会いあり、それ以上に素敵な仲間が周りにいるんだから。

自分もハッピー。周りの人もハッピー。

基本的に僕は大口叩くわりに意外と慎重派です。

いつも言っている「アファメーション」は、何言ったっていいんです。だって自分の夢なんだから、他人にとやかく言われることはありません。だけど、ただひとつだけルールがあります。
それは「他人に迷惑をかけない」ということ。つまり、NLPでいう「エコロジーチェック」というやつです。

僕はそれを守ります。

プラスなこともマイナスなことも、他人にしたことはブーメランのように“必ず”いつか自分に帰ってくるからね。

大きな理想追いかけて、目の前の現実を着実に。
僕らが成功しないわけがない。w

 

投稿者 kuro : 01:18 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:252

ページトップ△