アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション: 2007年4月

2007年4月30日

MTmailでの投稿実験の結果。

成功者になるための必読ブログとは?

いくつか不具合が。

いや、不具合というか、設定の仕方かもしれないけど。(このエントリーもMTmail経由で実験。)

MTmailによる投稿で気づいたこと。

○まず、pタグが意図したところに入らない。
⇒改行の指定、または記事内でタグを使用するのが原因かな?

○カテゴリーの指定が効いてないみたい。
⇒カテゴリー名ってのはどれをさしてるんだろ?

○画像の挿入位置が指定出来ない。
⇒まぁ、これは仕様みたいだから仕方がないかな。

うむぅ…。

現状、PCやMT4iからのエントリーと同じように表示させるには、後で若干修正が必要かも。
ま、それでもモブログ環境が簡単に実装できるんだから、良しとしよう。
(PCにて再編集済み。)

 

投稿者 kuro : 01:02 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(1) | ID:259

ページトップ△

2007年4月29日

ケータイ持って街に出よう。

成功者になるための必読ブログとは?

ほんのちょっと静かだから。

GWとか、長期の休みに入った都内はちょっと好き。

みんな帰省したり、旅行したりしているので、なんとなくゆったりしているから。
…だいぶ負け惜しみも入ってますが。...orz

MTmailの投稿実験。

ふ、ふーんだ!都内にいたって、楽しいことはいっぱいあるんだからっ!!

…と思って渋谷に出たら、意外と混んでました。(笑)

ちなみに、ケータイのメールでブログのエントリーが書けるMTmailという外部サービスを導入。

MT4iではテキスト投稿しかできないけど、こちらは画像やムービーの投稿にも対応できるらしい。
ちゃんとエントリーできるかな?

 

投稿者 kuro : 16:29 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:260

ページトップ△

ケータイでMT(ムーバブルタイプ)のブログを表示(MT4iを再設定。)

成功者になるための必読ブログとは?

URLがズレている!?

先日のMTのバージョンアップをしたことで、手直ししなきゃいけないところがいくつかあることが発覚。

どうやらエントリーのインポートしたときに、URL(静的HTMLのファイル名)が微妙にズレてしまった箇所があったらしく、それを修正。
今さらファイル名を変えるのもめんどくさいので、記事中の内部リンクをちまちまと変更。
(こっちも結構めんどくさかった。汗)

MT4iを再設定する。

ところで、「いきなり!社長宣言!!」はケータイにも対応しているってのを知ってましたか?

…なるほど。し、知らないっすよね。...orz

こほん。

気を取り直して。

いろいろ調べていたら、以前インストールしたMT(ムーバブルタイプ)のケータイ用変換プログラムのMT4iも小さくバージョンアップしていたので、それも再インストール&再設定。

MT本体は別ディレクトリに置いたけど、ケータイ用のアドレス↓

http://www.dokuritsu-kigyo.net/blog/i.cgi

は変えたくなかったので、コンパネでパスを書き直す。
(ただ設定を変えるだけなので、ちょーラクチン!)

ブログを表示させるだけだったら、基本的には上記のコンパネの設定だけでOKなんだけど、「あいのり機能」を使うには、MT(ムーバブルタイプ)本体のテンプレートのカスタマイズも必要。
(あいのり機能とは、内外部からのリンクを、ケータイ版のURLに誘導するための機能。)

…っていっても、linkタグを書き足すだけだけどね。

具体的には、

と、モバイル用のURLを設定しておくと、内外部のモバイル版ページからケータイなどのモバイル端末でアクセスすると、そっちのURLにリダイレクトしてくれるという優れもの。

詳しくはMobile Link Discovery 仕様を参照。

これまたとっても便利な機能なので、ぜひケータイからアクセスしてみてくらはい。

※アクセスはケータイから直接下記のURLを叩いてブックマークするか、

http://www.dokuritsu-kigyo.net/blog/i.cgi

このブログの右上にあるQRコードを使ってね。(うふ。)
(ちなみに、QRコードの生成の仕方はこちら。)

 

投稿者 kuro : 02:17 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック(0) | ID:261

ページトップ△

2007年4月27日

考えるな。感じるんだ!

成功者になるための必読ブログとは?

「Don't think. Feel !」

いきなり英語でごめんなさい。
海外生活が長かっ…ウソです。全然長くないです。
っつか、この程度は中学生でも理解できるだろうと。(汗)

あのブルース・リー(『燃えよドラゴン』冒頭シーン)の有名な言葉で、

「考えるな。感じるんだ!」

という意味です。

なんでこんなことを書いたかというと…僕は何かを感じたんです。
理屈ではなく、僕はそれを信じたってことです。w

男には覚悟を決めなきゃいけないときってのがあるわけで。

…いや、ごめんなさい。「男」に限らずです。(汗)

深夜二時過ぎ。

覚悟の決意表明。

三ヶ月ぐらいはなんとかなるべ!w

「おっしゃ。面倒見てやるっ!!」

けれども、あなたの「やりたいこと」は、誰も用意してはくれない。

あなたの「やりたいこと」を見つけろ。
あなたの「やること」に手をつけろ。

そして。

あなたの「やったこと」を手に入れろ。

何を?どこで?誰と?いつ??

目を閉じるだけで頭に思い描けるぐらい、リアルに。具体的に。期日を決めて。

オレも、お前も、相手も、その先の相手も、全部幸せになることを本気で考えろ。
そして、小さな行動でそれをカタチにしろ。

「そんなこと…理想論だよ。」

そうやって諦めたら、それでおしまい。
でも、結果を出す人は…実はすっごくシンプル。答えは、

結果を出すまで諦めない

…かなり力技ですが。w

「行動こそ最大の暗示。」

思い悩んでいるのであれば、ほんのちょっとの勇気で最初の一歩を踏み出せ。

「ブレーキをかけているのは誰?」

覚悟を決めて自分のケツに火をつけろ。

誰かがそれを見ている。
誰かがそれを認めてくれる。

そして。

正当な評価を“自らの手で”手に入れろ。

この世に「失敗」なんて存在しない。あるのは「フィードバック」のみ。

さぁ、あなたは今何をしたい?
さぁ、あなたは今何ができる?
さぁ、あなたは今何から始める?

なんだかちょっぴり「ポエム」みたいになっちゃいましたが。(笑)
僕なりの「覚悟」をカタチに残しておこうかなと。

 

投稿者 kuro : 02:46 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:262

ページトップ△

2007年4月25日

MT(ムーバブルタイプ)は奥が深いっす。

成功者になるための必読ブログとは?

カテゴリページをカスタマイズする。

昨日に続きMTネタ。
がっつりとリニューアルはまだまだ先になるけど、小さなカスタマイズを。

だいぶエントリーが増えてきて、各カテゴリページが尋常じゃないぐらい長くなってしまったので、エントリーの「追記」部分をページ遷移せずに表示・非表示するように変更。

今更って感じもしますが…。

ホントはphp化して複数ページに分けるってのもアリだけど、静的な「html」のままにしておきたかったので、JSを使った表示・非表示を。

すでに枯れたネタなので、いろんなサイトでカスタマイズ方法が説明されてますが、今回は

http://hinagata.biz/log/2004/09/16/0144.html

を参考にさせてもらいました。

カスタマイズは簡単。

headタグの中に以下のJSを挿入。

<script type="text/javascript">
function toggleWithClass(o,tClassName,initState) {
var t = o.parentNode.nextSibling;
while (t.className != tClassName) {
t = t.nextSibling;
}
var s = t.style.display || initState;
if (s != "block") {
t.style.display = "block";
o.title = "Collapse";
o.innerHTML = "続きをかくす";
} else {
t.style.display = "none";
o.title = "Expand";
o.innerHTML = "続きを読む";
}
}
</script>

んでもって、「追記がある場合」というMTタグ、「MTEntryIfExtended」部分を以下のように修正。

<MTEntryIfExtended> <p class="extended"><a href="javascript:void(0)" onclick="toggleWithClass(this,'hidden','none')" onkeypress="toggleWithClass(this,'hidden','none')" title="Expand">続きを読む</a></p> <div id="<$MTEntryID$>-more" class="hidden"><$MTEntryMore$></div> </MTEntryIfExtended>

あとはCSSでshow、hiddenの設定

.show { display: block; }
.hidden { display: none; }

をして終了。
(.hiddenはCSSで非表示(display:none)にするので、SEO的にどうなのって気もするけど…っつかどうなんっすかね?)

※外部JS化しようと思ったけど、エラーが出てしまうので、残念ながら放置。

他は、以前他のサイトで使ったmt-trimj.plでエントリーページ上下にある、カレントエントリーの前後に移動するリンクの文字数を制限したり、MTTagInvokeでカテゴリ内にエントリのリストを表示したり…と、ちまちまと。

普通にMTタグだけでもいろいろできるけど、pluginやらDHTML化など、まだまだMT(ムーバブルタイプ)奥が深いっす。

 

投稿者 kuro : 22:47 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:263

ページトップ△

2007年4月24日

MT3.35にアップグレードしました。

成功者になるための必読ブログとは?

久々にバージョンアップ。

いつの間にかMT(ムーバブルタイプ)のバージョンも3.35に上がってました。
っつことで、いい機会なので、今回はいままで手をつけていなかった当ブログ「いきなり!社長宣言!!」をバージョンアップすることに。

仕事では3.3xをインストールしたり、カスタマイズをちょこちょこしたりしてたけど、それらは全部新規インストールだったので、こんだけ古いバージョンからのアップグレードは久々です。

気持ちは「初めてのおつかい。MTバージョン」です!

MT3.151からMT3.35へ。

いまいち伝わりにくいですね。スルーしてください。(汗)

さて。

今まで使っていたMT(ムーバブルタイプ)のバージョンは3.151。
そこから一気に、ついこの間出た3.35にアップしてしまおうと。

タグ機能や、3.2以降から使用可能になったプラグインとか、いろいろカスタマイズしたいけど、まずは今までのエントリーやらTB、コメントをそのまんま表示するように。さらに、MTのプログラムのディレクトリもついでに変更。
(リニューアルは、また後日ってことで。)

システムファイルを一式ダウンロードして、あとはパスの設定やらテンプレートの更新、エントリーの読み込みをすれば良いだけ。

「MTなんて、今までお客さんのサイトでも何度もいじってるから『ちょちょいのちょーいっ!』っさ!」

…甘かったです。...orz

微妙にMTタグ(MTEntryAuthorDisplayNameなど)が変わっていたり、エントリーの読み込みが一気にできなかったりと、結構めんどくさい。

特に、エントリーの読み込み。

通常「読み込み/書き出し」で書き出したデータ(hogehoge.txt)をimportディレクトリにぶち込んで、それを読み込めばすむはずなんだけど、なぜか途中で読み込みが止まってしまうというエラー(?)が。

結局、書き出したエントリーのデータを小分けにして、ちょっとずつ読み込ませるという方法で回避。
(なぜエラーになるのかは不明。エントリーの数が多いのが原因か?)

まぁ、なんとかすべて元通りになったので良しとしよう。

表っ面は一切変わってませんが、後ろで走ってる新しいMTはやっぱり快適っす。
さ、これからちまちまとカスタマイズをしていきますかっ!

 

投稿者 kuro : 22:00 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:264

ページトップ△

2007年4月21日

キーワードは「モテる」なんです。

成功者になるための必読ブログとは?

平成のモテ男ランチ。

今日は元S81のよ○ちんと渋谷でランチ。
当代のモテ男二人が、昼飯を食いながら密談です。

……

………

…ごめんなさい。モテ男は1人だけでした。(泣)
(どちらがそうかは想像におまかせしま...orz)

「モテ」こそ究極のターゲット。

よ○ちんは、S81を辞めてから女性向けのコンテンツ屋に転職して、 だいぶ忙しくしてるらしい。
(普通だったら「夜」なんだけど、昼にしか時間がとれないぐらい!?)

そのあとお互いに仕事があったので、ほんの数時間だったけど…。

密度が濃くておもしろかった!

いろいろ話していて、二人の出した答えは…

やっぱりキーワードは「モテる」ってことです。

みんな、なんだかんだいってモテたいでしょ?
男だったらもてる男のモテる方法なんて知りたくないっすか?

いい服着たいのだって、いいメシ屋知りたいのだって、 いい車乗りたいのだって、夜景スポットに行きたいのだって、 結局はそこに繋がってるんじゃないかと。w

F1層がどうのとか、なんちゃら層がどうのとか、 そんな属性の切り方じゃもう無理っす。

だって、おっさんだろうがおばさんだろうが、10代のジャリん子だろうが、いくつになっても、男でも女でもみんな「モテ」たいんだから。w

男だったら女に。女だったら男に。
がむしゃらでいいじゃないか。 泥臭くていいじゃないか。

ホントは、「モテ」の先にはもっともっと高尚なゴール(この話はちょっと真面目)があるんだけど、凡人がいきなりそこには行きつけまい。w
(もちろんオレ含む。...orz)

つまり、ひと山越えたところで、その次のステージに上がって「人間」として成長するわけで。
逆に言えば、ひと山越えないと「そこ」は見えないってことです。

「好きこそモノの上手なれ」ってね。(突然ですが。w)

人間の欲求にダイレクトに刺さるメディアやコンテンツ。

これがやりたいんっす。

っつか、やるんです。んがー。

※まずは手始めにひっそりと。w

 

投稿者 kuro : 05:29 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:246

ページトップ△

2007年4月14日

今日はどっぷりウェブのお勉強。

成功者になるための必読ブログとは?

今日~も元気にドカンを決めたら…♪

洋ラン背負ってリーゼントっ!(by横濱銀蠅)…って歳バレますね。
ちなみに、学ラン着たのは中学の3年間だけでした。
(外面はいわゆる標準型なんだけど、光の当たり具合で色が変わる裏地や、隠しポケットで見えないオシャレを。w)

さて。
土曜日はいつも某専門学校の講師のお仕事。
眠い目をこすりながら電車でGO!です。

…んが。

TA(ティーチング・アシスタント)のひ○ぽんからメールが。

「今日って授業あるんでしたっけ?」

せ、せっかくの休みだったのに…。...orz

ん?ん!?

スケジュール表をひっぱりだしていると、祐天寺の駅に到着。当のひ○ぽんが電車に乗ってきた。
さて、改めてスケジュールをチェックすると…。

どうやら今日はもともと授業がなかったらしい。...orz

二人ともすっかり忘れてました。(汗)

僕:「ど、どうする?」

ひ○ぽん:「どうせ渋谷に来たんだったら、勉強して帰りましょー。」

ってことで、急遽コアなお勉強デーに変更です。

JavaScript、Ajax、DHTML、Flashなどなど。

とりあえずカフェでオチャしながら最近のお仕事のお話や、xmlで外部管理できるFlashギャラリーや、Ajax関連でお互い個々に実験したり、とりあえず放置中のギミックなどのソース&情報交換。

…うむぅ。深い。深すぎる。w
ある一定のレベルを超えた人間と話すのはホントに勉強になります。

んで、いつものKIRINでランチしてから学校に場所を移してさらにお勉強。

「DHTMLで隠れているメニューをスライド表示させる」というギミックを、二人でああだこうだ言いながら解析。

オリジナルのサイトで使っているJSとCSSを、少しずつ解析しながらカスタマイズしたんだけど…。

いやー、楽しかった!w

ひとりでうんうん唸っても、時間ばかりかかって結果が出なかったり(または挫折したり)することも多いけど、「できる人間」とワイワイしながら解析するのはすっげー楽しいっす。

結果は…大満足っ!

必要な部分を切り分けして、シンプルなHTMLに実装することができたので、jsを組み込んでidを割り振るだけで使えるようになりました。w
(とりあえずIE6~、FF1.x~で検証。)

今回はそのid部分を“メニュー”として使っただけなので、そのidを割り振ったエリア(div)の幅を変えて、中身をメニューではなくコンテンツに変えたら、全然違うことにも使えそうです。(中身をAjaxとかで動的に変えたりとか…うむぅ。おもしろそうっ!)

ちなみに気づいたら17時過ぎ。7時間以上お勉強してました。w
いやー、休みが潰れたのは残念だけど、間違って学校に行ってよかったーっ!!

 

投稿者 kuro : 22:51 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:247

ページトップ△

2007年4月 8日

おたふくソースなホームパーチーの夜はふけて。

成功者になるための必読ブログとは?

濃いメンバーの同窓会。

今日は、仕事が終わった後に、久しぶりに某専門学校の某黒岩組の某2期生(某が多いよと。)の連中の飲み会に参加しました。

「くろさーん。今回13人ぐらい集まりますよー。授業終わったらきてねーん。」

と、相変わらずアバウトなお誘いだったので、あんまり気張らずに電車で田町まで。

今回は飲み屋とかではなく、Yちゃんの新築マンション(田町駅から徒歩5分!)でホームパーチー形式の同窓会です。

学校の仕事が終わったのが20時ぐらい?
けっこう前から始まっていて、僕は途中からの参加だったので、人数もいい具合に減ってるんだろうなーと思ったら…。

なんだかすごいです。

おうちの場所をまったく聞かずに駅まで行ったので、当然到達できるわけもなく、お迎えに来てもらいました。(す、すんません。)

マンションはねー…なんかすげーっ!です。

象が踏んでも壊れないふで箱か、100人乗っても大丈夫なイナバ物置か、はたまた20人入ってもまだまだ余裕なYちゃんのマンションか?…っていう感じのゴージャスマンションでした。(前半ふたつは意味はないです。)


え?入り口二重?っつか天井高っ!入り口になんで守衛さんがいるの?
うむぅ…マンションじゃねーよ。コレ。言うなればホテルのエントランスじゃんっ!!

っと、ひとしきり“おのぼりさん”なコメントをしながら6階のYちゃんのおうちへ。

中に入ってまたびっくり。

広々としたリビングに集まっていた人数は…っていうか、僕が行った時点でいた人数は余裕で20人はいました。(これでも少し減ったんだと。w)
それも全員既に出来上がった状態。w

もう、フルメンバーが勢ぞろいでした。

彼らが卒業してはや2年(もう3年目か?)。ずいぶんとご無沙汰の人もいたはずなのに、まったく違和感なく、「昨日まで学校行ってたよねー」的なテンションで盛り上がっていました。
(だって、“ホームパーチー@ゴージャスなおうち”なはずのに、なぜかPC立ち上げて、今まで作った自分のサイトとかを自慢しあってるんだからw)

好きなことを仕事にすると。

それぞれ自分自身の道を進んでいたのは知っていたけど、やっぱり2期生は濃いです。
ソースで言うなら「ウスター」じゃなくて絶対「おたふく」です。

ひととおり「今なにやってるのー?」的な話をそれぞれとしましたが、学生時代と変わらない…っつか、ますます勢いが増してんじゃねーか?っていうネタがてんこ盛りでした。

なんせ、去年&今年でフリー、または起業した連中が4人。今後数ヶ月以内にフリーのコンサル&プロデューサーになる予定が1人。
さらには、まだ会社には属しているけれど、会社以外の案件もこなし…みたいな副業スタイルで仕事をしている連中を入れたら、ほぼ全員がそんな感じでした。
(人の作った箱には収まりきらない…ってことか。w)

彼らのやってることって、外側から見たらホントに大変かもしれません。
自分で仕事を取ってきて、自分で制作したり、ディレクションしたり、はたまた写真撮影のためにわざわざ現場まで出向いたり…。
スケジュールも、納期前なんかはすっごく忙しいはずです。

でもね。

彼らはなぜか楽しそうなんですよ。

「すっげー大変っすよー。だって独立したての頃は、2ヶ月無収入でしたからw」

っと、けらけら笑いながら自分の今の仕事を自慢しているんです。(はっきり言ってバカです。w)

「この溢れんばかりのパワーってなんだろう?」
「何で彼らはこんなに楽しそうなんだろう?」

普通であれば、こんな疑問が出てくるかもしれません。

けれども、答えは簡単。

もちろん、いろんな答えがあるとは思うけど、やっぱり

「好きなことをして飯を食っているから。」

じゃないでしょうかね?

つまり、好きなことを生業としているから楽しいんだと。

よく、

「好きなことを仕事にしないほうがいいよ。キライになっちゃうから。」

なんて聞きますが、アレは絶対ウソです。彼らを見ていればそれは分かります。
だって、ホントに楽しそうなんだもん。w
…っつか、その前にそういうことを言う人に限って、「好き」を仕事にしていない人が多いからね。w

彼らは、学校で勉強したことをベースに、さらに知識を吸収し、スキルに磨きをかけてここまでやってきました。
ちんちくりんな僕なんかは、ある分野でははるかに凌駕されちゃってます。(泣)

自分自身で培ってきた経験や実績は、大きな自身となって彼らの血となり肉となっています。
(人に教えてもらったことはすぐ忘れちゃったりするけど、自分で手に入れたものはそうそう忘れません。)

ここまで来るには相当努力しただろうし、いろんな苦労もあったはずです。
けれども、やっぱり好きなことをただ熱中してやってきた結果が今の彼らを作ってるんです。

あなたがすごいんです。

こういう飲み会があると、ずいぶんと感謝されたり、気持ちのいいことを言ってくれる(元)生徒さんがとても多くてありがたい限りです。
まぁ、それ以上に、「エロい」とか「怪しい」とか「いんちきくさい」とかいう最高級の褒め言葉(?)も多いですが。...orz

こ、こほん。

正直、すっごく心地よいです。もう、幸せな気分でおなかいっぱいです。
ついでに、「ほしのあき」で連想するのは…おっ○いです。(…ごめんなさい。どうしても言いたくて。)

でも、ちょっとむずがゆくもあります。
だって、僕はなんもしてないっすからね。ただ基礎を教えただけ。
いや、「教えた」なんておこがましいね。学校って言う最高の“遊び場”で、基礎をいっしょに楽しんだだけです。

手を動かして、足で探して、そして何かを作ったのは、紛れもなくあなた自身ですから。

誰がなんと言おうと、行動を起こし、そして結果を手にした「あなた」がすごいんです。

僕はそんな凄い連中に囲まれています。これは2期生に限ったことではありません。
土曜日1期生~現在の6期生、そして日曜日1期生~現在の2期生。水曜日の生徒さんたちまで。
それぞれすごいものを持った連中ばかりです。(ウェブに限らずね。)

それだけでもすっごく素敵なことです。自分のテンションも上がるし、「うむぅ、負けてられんっ!」ってモチベーションに火もつくし、彼らを見ているからこそ、自信を持って今の生徒さんたちに

「大丈夫。諦めなければ必ず結果は出るもんだよ。」

と言うことができるんだから。

彼らが学校で何かを学んだのと同じように、僕もいつもいつも彼らから何かを学んでいるような気がします。

あぁ、青春ってすばらしいっ!!

…って、今年36ですけどなにか?

 

投稿者 kuro : 02:21 | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック(0) | ID:248

ページトップ△

2007年4月 7日

感情を動かすことを課してみよう。

成功者になるための必読ブログとは?

最近「感動」していますかー?

「そういやぁ、感動なんてしてねーなー…。」

なんて声が聞こえてきそうですが。

ちなみに、「感動」とは

(名)スル
美しいものやすばらしいことに接して強い印象を受け、心を奪われること。
「深い―を覚える」「名画に―する」「―的な場面」
大辞林第二版

だそうです。

「そんなこと言われなくても分かってるよっ!」

いたるところからの突っ込みの嵐、メールでお待ちしております。(ウソです。)

感動とは?

でもね。

辞書的な意味はそうかもしれないけど、もうちょっと広い意味で考えると

「感動=感情が動くこと」

なんじゃないかと。

日々の生活の中で、感情が動いているか?

いろいろな人の話を聞いていると、確かに「感情」は動いている。

でも、怒りや不満、他人に対する羨望、他人と比較することでの劣等感など、アウトプットされる感情がネガティブなものが多い気がするのは気のせいでしょうか?

もちろん、ハッピーなことや楽しいことっていっぱいあるはず。(実際そういう話もいっぱい聞くし。)
怒りや不満を口にしている人でも、ちょっと突っ込んで聞いてみると、意外とそういうことがあったりするんです。

そう考えると、怒りや不満ばかりをアウトプットしているなんて、なんだかもったいない気がしないですか?

感動することを自ら課してみよう。

だったら、どんなに小さなことでもいいじゃないですか。感動することを自ら課してみませんか?

例えば、仕事をしていてなんだか辛いなーと思ったとき。

「あー、やだやだ。なんでオレがこんなことしなきゃいけないんだよっ!」

と思ってやるのと、

「やっべー。すっげー大変。でも、これをやったらお客さんもこんなに喜んじゃうんじゃないかなー。ぐへへ。」

と妄想しながら(?)やるのでは、同じことをするにしても結果が違ってきそうですよね?

体質改善。

どんな仕事でもそうです。
いや、仕事に限らず、人と関わることであればなんでもそうかもしれないですね。w

他人を感動させるには、まず自分自身が感動できる体質であること。
そういう心を常に持っていること。
単純だけど、日々のその小さな心がけが、自分自身を「感動体質」に改善していくのかもしれません。

ところで、

「どうしたらそんな風にあっけらかんといられるんですか?」
(あっけらかんじゃねーよっ!って思うけど。)

なんて質問をされることがあります。その答えは…

「感動すること(対象?)なんてなんでもいいんじゃないですか?」

でっす!

人それぞれ感じることなんて違うわけだし。(無責任ですいません。汗)

映画観るもよし。音楽聞くもよし。好きな小説を読んだり、好きな講演を聴きにいくもよし。
自分の好きなことに没頭して、自分自身の心を、まずは自分自身で感じてみよう。
そうすれば、目の前にある世界も、もしかしたら変わって見えるかもしれないですよ?w

作り物だっていいじゃないか。

…なんてね。

なんでこんな話をしたかというと、久しぶりに映画(DVDだけど)を見て感動したから。
(単純ですいません。汗)

観たのは、公開当時話題になってた「フラガール」。
常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ?)のダンサーたちを主人公にした、実話ベースのいわゆる「感動」映画です。

えぇ。ベタです。直球でベタです。
でも、びーびー泣いちゃいました。

「日本映画はダメだ!」

なんて、にわか評論家が多いけど、うんちくなんてどうでもいいんです。

映画なんてしょせん作り物かもしれません。
制作物である以上、出来不出来についてあれこれ言われるのもしかたありません。

でも、その世界の中で、自分が何かを感じ、喜びや悲しみを共感することができればいいんじゃないかと。
(つまんない映画は「金返せー」って思うけどね。w)

「泣くために作られた映画なんてねー…」

って言う人もいるけど、そういう人に聞きたい。

「普段泣いたりしてますか?」

作り物だっていいじゃないか。感動しない無味乾燥な人生よりは。
「感動」を忘れないためにも、そんなベタな映画で自分の涙を再確認するのもたまにはいいもんですよ。
(さらに、「涙は心の浄化剤」って言うからね。心身ともに健康になりますよ。w)

時間のある方はぜひ。

ちなみに、そのあと観た「ただ、君を愛してる」。

「生涯ただ一度のキス。ただ一度の恋。」

やヴぁい。やヴぁすぎる!

これもまたベタな感動映画で、泣くことはなかった(っつかフラガールが良すぎた。)けど、宮崎あおいが可愛すぎ!

…相変わらずまとまりのない散文ですんません。

 

投稿者 kuro : 03:29 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:249

ページトップ△