アファメーションで独立・起業・夢実現。「いきなり!社長宣言!!」-“夢は口に出すことで実現する!”というアファメーション: 2005年12月

2005年12月29日

意外となんとかなるじゃん!

成功者になるための必読ブログとは?

とりあえず仕事納め。

今年も残すところあとわずか。みなさんもそろそろ忘年会も終わり、本格的に「年末年始モード」に突入なんじゃないでしょうかね?

僕も、年始に納品の仕事がなんとか一段落したので、とりあえず今日で仕事納めです。
あとはのんびりみかんでも食べながら、テレビの特番でもダラダラと…。(あんまりぐーたらしないようにしないとね。 汗)

さて、だいたい毎年この時期は、その年の出来事なんぞを振り返ったりしてみています。
まぁ、ひとり「行く年来る年」みたいなもんです。(さびしい…とか言わないように!)

今年の出来事ランキング。

それにしても、今年もいろんなことがありました。

「今年の出来事ランキング」が開催されるならば、僕の場合はやっぱりダントツ一位は「独立・起業」ですね!
(※詳しくは「プロローグ」からお読みください。)

ほんの数ヶ月前までは、月曜日から金曜日まで、朝10時に出勤して定時…には終わらなかったけど、いわゆる普通のサラリーマンでした。(まぁ、仕事の内容はちょっと特殊だけど。)
それはそれで楽しかったし(会社もバブリーなところだったのでネタ満載!)、やってる仕事も好きだったので、もしかしたらそのままでも良かったのかも?

けれども、自分のやりたいことがすべてできたかというと…やっぱり難しいところです。

そんな悶々とした気持ちを払拭するために、いろいろな人に助けられながら一から自分で会社をつくり、裸一貫でビジネスという大海原にポーンっと!(いや、海パンぐらいははいてたかな?)我ながら無謀な挑戦だったと思います。

…いや、ごめんなさい。そんなにすごくはないです。(ちょっとカッコつけました。 汗)

そんなわけで、堂々の第一位に輝いた「独立・起業」の感想は、

意外となんとかなるじゃん!

というのが正直なところです。(諸先輩方には怒られるかもしれませんが。)

もちろん、これは自分の実力だけではありません。…っていうか、周りの人たちの協力があったからこそです!もう、関係者には感謝×100です!!(そしてこれからももっともっとよろしくです!?)

行動すれば次の現実。

経営コンサルタントの石原明さんの言葉です。

いいか悪いかは別にして、なにかコトを起こせば、必ずその次のステップが待っているわけです。
そして、もっと都合よく(?)考えるならばそこには「失敗」はありません。世間的に言われている「失敗」は、僕にとっては「学び」でしかない。
同じ事象でも切り口を変えるだけで、良くも悪くもなるわけです。だったら「都合よく」考えるほうがいいでしょ?(笑)

夢は口に出すことで実現する。

今までも、そしてこれからも言い続けますが、これ↑はホントです!本気と書いて「マジ」です!!
僕は、ぶっちゃけこれだけを頼りに起業したようなもんです。(はっきり言って無謀です。)
でも、いざふたを開けてみたら、なんとかなっちゃうもんなんですね、意外と。

来年はさらに飛躍の年になります。やりたいことはいっぱい。そしてやれることもいっぱい!
僕は、来年の今頃には、もっともっと充実したエクセレントライフを送っています。
…って、もう来年の年末の話!?(笑)

 

投稿者 kuro : 07:19 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック(2) | ID:93

ページトップ△

2005年12月25日

メリークリスマス!ってなんですか?(笑)

成功者になるための必読ブログとは?

浮かれポンチのホーリーナイト。

あなたっか~らメリクリッスマース!私っか~らメリクリッスマッス!!
サンタクロース ィズ カ~ミン トゥ ターウン!!

こんな感じで、世の中は浮かれポンチな若者たちであふれかえってます。
(僕はいつでも浮かれポンチですが。 汗)

ところで、クリスマスが土日にかかるのは十数年ぶりなんだそうです。みなさん知ってました?
家族と一緒に食事に行ったり、恋人同士でデートしたり、それぞれの愛のカタチをそれぞれの方法で確認しあっているんでしょうね。(笑)

…って、だからなんじゃーいっ!(いきなり戦闘モード!)

まったく普通の生活を送っていますがなにか?...orz

他人の幸せ。自分の幸せ。

なんてね、ウソです。僕の心はそんなに荒んでませんよ。

他人が幸せそうにしているのは、こっちも楽しくなってきます。
家族の団らん、恋人たちの仲むつまじい光景などなど。街は幸せであふれているわけですよ。
(他人の迷惑を考えないバカップルには、イラっとすることもありますが…笑)

でも人の幸せを喜べるってことは、自分も満たされているからです。
自分が満たされていなければ、他人の幸せなんて素直に喜べませんからね。
(僕はまだまだそんなに「できた」人間ではないので。)

クリスマスに仕事してようが、クリスマスに仕事してようが、(あえて2回言ってみた…って悔しいんじゃん! 笑)やってることが楽しいし、未来を想像するだけでワクワクしてきます。それはとても幸せなことです。

No Fun , No Gain.

よく、

「仕事=苦しい、辛い」、つまり「No Pain , No Gain.」(痛みなくして得るものなし。)

みたいなことをよく聞きますが、この考え方が間違っているんじゃないかと。

僕は「No Fun , No Gain.」(楽しみなくして得るものなし。)だと思っています。
これは独立をしたときに自分に課したルールです。

苦しいことや辛いことはしません。だってそれじゃ続かないから。

一時的に大変なこともあるかもしれませんが、それは「好きなこと、楽しいこと」をするためのものです。ちょっと考え方のスイッチを変えるだけで、意外と人生が変わってきますよ。(笑)

…とはいえ。

自分の幸せばかりを追求するだけでは、いつかはしっぺ返しがくるかもしれません。自分の周りや、パートナーの幸せも十分に考えて行動しましょう。>自分
ってことで、来週はパートナーとゆっくり過ごす時間を作ります。

 

投稿者 kuro : 16:41 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:94

ページトップ△

2005年12月23日

離婚する理由。

成功者になるための必読ブログとは?

幸せの裏側。

あ。人の不幸ネタに思わず食いついてしまった方、残念ながら(?)僕じゃないですよ。

じゃなくて、内田有紀と吉岡秀隆。 (ネタ的には1日遅れですが…おもいっきり芸能ネタです!)

結婚したときは「くそー、純めー。モテすぎだよ!」とか言ってたくせに、「離婚」って聞くとちょっと残念。二人とも結構好きな感じだったので。

でも、今なら有紀を口説くチャンス!?(あえて呼び捨て。)
だれか紹介してください。
必ず彼女を幸せに…するかどうかは分からないけど、僕は確実に幸せになります。

…離婚ネタなのに、くだらないこと言ってごめんなさい。

別れの理由。

メディアが報道しているように、別れの理由が

「孤独に耐えられなかったのではないか?」

だったらちょっと悲しいな。

浮気とか、借金とか、決定的な理由があるほうがまだいい。

ところで、ちょっと話は変わりますが、人はいろいろなタイプに分けることができますよね。
血液型や、男女、星占いや出身地…何を基準にするかで、分け方が変わってきます。

他人は別に関係ないけど、好きな人や大事な人とは密度濃く付き合いたいタイプ。
多くの人と分け隔てなく付き合うことを好み、恋人ともその輪を共有したいタイプ。

これもタイプわけのひとつの切り口。あなたは、もしこの二つで分けるとしたら、どっちだと思いますか?

内田有紀と吉岡秀隆の二人はいったいどっちのタイプだったんだろう?

他人と一緒にいる時間は少ないほうがいいっていう人もいるけど、吉岡が忙しすぎて、二人の時間が極端に少なかったんだろうな。

それとも、

「離れていても大丈夫。心が繋がっているから。」

とか、

「オレのことはちゃんと分かってくれているさ。」

なんて驕りがあったのかも?

こころのシグナル。

相手のことを「分かっている」と思った時点で、それは

「もっともっと相手をよく見なさい。」

というシグナルだと思います。

恋人や夫婦間だけでなく、友人や仕事の相手でもそれはいっしょ。
もちろん、「まったく分からない」のはそれはそれで問題だけど、「分かったつもり」のワナにはまらないようにしましょうね。

※ところでいろんなところで言ってるけど、だれかエプソンの「年賀状ソフトも♪サービスサービスッ!」のCMのムービーを持ってないっすかね? (何言ってるか分からないという方はおもいっきりスルーで。 笑)

 

投稿者 kuro : 04:46 | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック(2) | ID:95

ページトップ△

2005年12月20日

夢を口に出した週末。(ハイテンションVer.)

成功者になるための必読ブログとは?

飲み会とお仕事のバランス。

ちょっと時間は前に戻りますが、先週末は結構バタバタ。
前の会社へ遊びに(?)行ったり、講師をしているクラスの忘年会(?)があったり…って遊んでばっかりじゃん!

いや、ちょこっと仕事もしてますよ。日曜日から月曜日はウェブサイト(ホームページ)をゴリゴリと作って、気づいたら36時間ぶっつづけで起きてました。...orz

初忘年会。

学校の忘年会はジンギスカン。3000円で腹いっぱい!ウマー!!
そういえば、今年初めての忘年会でした。普段なかなか参加できない人も何人か参加してくれて、いろいろな話ができました。(僕のいないところでは、だいぶネタにされてたみたいだけど。 笑)

2次会は久しぶりにマーブルへ。人数がちょうどいいぐらいにこじんまりとしたので、恋バナから将来について、こちらは1次会よりもコアにお話しました。(いろいろな悩みがあるけど、決めるのは…笑)

ドリーマーふたたび。

いろいろな話といえば。
また面白そうな企画が持ち上がりました。以前からなんとなく僕も考えていたことを、さらにバージョンアップさせたような感じのビジネス。
Hくんが考えていることに、僕が考えていた「限定」「ノーリスク」「コンテスト」などを組み合わせたら…。

「た、楽しそう!」

業者の手配は、地方にコネクションのあるパートナーが引っ張れそうだし、クリエイターは探さなくても周りにいっぱいいるし…。(さらにサービスがうまく乗っかれば、ほっといても集まる?)

このビジネスモデルであれば、業者も、クリエイターも、顧客も、そしてサービス提供側の僕らもハッピー。そしてリスクはサーバ代とサイト運営費ぐらい。(まぁ、ほかにも多少あるだろうけど微々たるものです。)

今動いているものと同時進行しても、そんなに負担にならないんじゃないかな?

おっし!とりあえずカタチ(企画書)に起こしてみましょっかー!

「夢は口に出すことで実現する。」

これだけでまずは第一ステップはクリアってことです。

さ、つぎつぎ!

…なんて盛り上がった後、家に帰ってがっつりと徹夜仕事。
ハイテンションだったので、意外とはかどりました。
(そのあと爆睡でしたけど。 笑)

 

投稿者 kuro : 21:14 | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック(0) | ID:96

ページトップ△

2005年12月17日

濃い1日。

成功者になるための必読ブログとは?

打ち合わせ2本。

昼間は渋谷で打ち合わせ。なんだかんだでまたもや5時間with男祭り。

うむむむぅ。夢をカタチにするには、現実をどうクリアするか…壁は高いけど、できないことではなくて、今できることを探していこう。
リスクは最小限に。かつ焦点がブレないように。あくまでも「夢」を実現することにフォーカスすること。(※とはいえ、ビジネスだから利益は必須。)

夕方からは別の打ち合わせ。
打ち合わせ…といいつつ、こっちは税理士さんと。いろいろと相談しつつ、とりあえず年末調整やらなんやらをやっていかないといかんぞと。(書類集めないと。 汗)

テンションあげて徹夜!

税理士さんとのお話が早めに終わったので、源泉徴収などの書類集めついでに、久しぶりに以前の会社へ遊びに。あいかわらずハイテンションな面々で、会社なのにずっと笑いっぱなし!
もうっ、あなたたち面白すぎます。そしてネタが多すぎます!
(仕事のじゃましてごめんなさい。 てへ。)

そのあと、腹が減ったので仲間数人と食事(モツ鍋ウマー!)に行って、さらに面白トークで終電ギリギリまで盛り上がる。(ちょっとコア過ぎて、公共の場では話せません。 汗)

1時過ぎ。家に帰ってから、明日(というか今日?)のネタを仕込む。
※CSSレイアウトのページを一本サクッと…のはずが、やっぱりサクッとは終わらずに、この時間(7時半過ぎ)になってしまいました。...orz

くそー、仕事で徹夜はもうしないぞ!仕事は早めに終わらせること!>自分。

そもそも、やることがあるんだったら早く帰ってくれば良かったんですけど…久しぶりだし…ね。
(いいじゃん、いいじゃん!…と、自己弁護。)

とりあえず自分を褒める。

このぐらいのペースで仕事をしている人なんてざらにいますよね。僕なんてまだまだアマちゃんかもしれません。けれども、とりあえずがんばった自分を褒めたいと思います。

「kuroさん、良くがんばりました。」(よしよし。)

これもまた自己肯定ですから、一種のアファメーションみたいなものです。
なので、今日もなんかいいことあるはずです!
(※あと、単純に「褒められると伸びるタイプ」なので。 笑)

 

投稿者 kuro : 08:01 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(1) | ID:97

ページトップ△

2005年12月15日

MT(ムーバブルタイプ)の再構築エラー回避法。

成功者になるための必読ブログとは?

久しぶりにMT(ムーバブルタイプ)ネタ。

ときどき知人から「ヒマそうだねー」と言われますが(失敬な!)、一応これでも仕事はしているんですよ。(汗)

お客さんのサイト(ホームページ)で、MT(ムーバブルタイプ)を使って構築したサイトがいくつかありますが、エントリーが増えてくるにつれて再構築に時間がかかるという現象が起きています…と思っていたらとうとう500エラーが頻繁に出るようになってしまいました。

MTの設定書類をカスタマイズ。

ブログは、ウェブ制作に精通していない素人でも記事の追加・削除など、いわゆる「更新作業」が自分で簡単にできるのでとっても便利です。なので、予算はあまりないけれど、自分でサイトを運営したい!というクライアントには、MT(ムーバブルタイプ)で構築するビジネスブログをオススメしています。

けれども、ちょっと使い勝手を良くしようとしたりすると、やっぱり内部(というかソース?)に手を加えないといけません。
(まぁ、そのおかげでうちの会社もそこそこ仕事があるんだけど。)

とりあえず、エラーがでて更新できないとお客さんも困るので、さっそくネットでググッと検索。

いろいろ調べてみると、どうやら再構築の処理に時間がかかりすぎて、タイムアウト・エラーになってしまうらしい。

MT(ムーバブルタイプ)バージョンによって若干違うみたいですが、以前使用したver.3.1.xの場合、

まず個別エントリーのタイムアウトは

mt.cfgの

#EntriesPerRebuild 40

のコメントアウトをはずして

EntriesPerRebuild 10

というふうにします。(エントリーを10個づつ再構築するって意味です。)

んでもって、個別アーカイブ、日付アーカイブ、週別アーカイブ、月別アーカイブに関しては、

mt/lib/MT/App/CMS.pmの

Individual => 1,
Daily => 2,
Weekly => 5,
Monthly => 10,

の部分を

Individual => 1,
Daily => 2,
Weekly => 3,
Monthly => 3,

と書き換えました。

前述の「EntriesPerRebuild 10」を基準にして、個別エントリーは1倍、日付エントリーは2倍、週別アーカイブと月別アーカイブはそれぞれ3倍の数で再構築をするという意味です。

実際再構築をしてみると、ちょっと時間はかかりますが、タイムアウトエラーはでなくなりました。

お客さんのサイトだけではもったいない(?)ので、自分のサイト(いきなり!社長宣言!!)も同様にカスタマイズ。

…結局一睡もせず、朝の6時ですがなにか?orz...

参考サイト

追記

MT(ムーバブルタイプ)Ver.3.2の再構築エラー回避方法を掲載しました。

MT(ムーバブルタイプ)の再構築エラー回避法。(再び)

 

投稿者 kuro : 06:13 | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック(1) | ID:98

ページトップ△

2005年12月12日

雑誌に掲載されました。

成功者になるための必読ブログとは?

なんと表紙が!

以前の記事でお知らせした取材の記事が載りました。

雑誌は巷のイケメン御用達(?)の「MEN'S CLUB」。
創刊50周年の老舗雑誌です。

なんとその表紙が…!

まぁ、パブリシティですし。

桜井貴史さんです!(って誰?)

あ、もちろん僕じゃないですよ。…知ってると思いますが。(汗)

僕が掲載されているのは、日本でこれから発売される予定の、ノートパソコンのレビュー記事のページです。
(雑誌を買っていないので、何ページか忘れました。)

ページを開いてみてみると…写真が小さすぎて、ほとんど顔が見えません。orz...
モデルデビューはやっぱりまだまだ遠いです。(するのかよっ!)

さらに、ページの下のほうではいろいろとコメントを言っていますが…まぁ、パブリシティですし。
レビュー記事の裏情報はmixiのほうで。(笑)

ほんとに伝えたかったことは、以前の記事を参照してください。(笑)

まぁ、「雑誌掲載」という実績で良しとしましょう。
ブログ「いきなり!社長宣言!!」のURLも載ったし。(笑)

 

投稿者 kuro : 00:26 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック(1) | ID:99

ページトップ△

2005年12月11日

一瞬で相手の心をつかむ。

成功者になるための必読ブログとは?

占いのトリック

あなたがもし何かの悩みを持って占い師に相談しに行ったときに、

「もしかして…何か人間関係で悩んではいないですよね?」

“自称”占い師からこんな風に言われたら、あなたはどう答えますか?

少しでも心当たりがある場合、

「いや、実は会社の上司が…」

もし心当たりがなければ

「そうですねー、特に思い当たらないですけど…」

どちらにしても“自称”占い師はクライアントの情報を得ることができます。(笑)
そして、もし当たっていたら…あなたはその占い師を信じてしまうかもしれません。

テクニックじゃない。けれども…

日本のカウンセラー・催眠療法家の中で一番尊敬する一人である、石井裕之さん(石井祐之さんじゃないですよ。w)のセミナーに行ってきました。以前、沢雉会という勉強会(今は休止中)があったころ、「コミュニケーションのための催眠誘導」の講座を受講して以来、ときどきセミナーに参加させてもらっています。

会場はなんと300人規模の大会場!ちょっとビビリました。昔から有名人ですが、すでにメジャー級の有名人なんですねー。

今回は「Weタイプ/Meタイプ」をベースに、コールドリーディングを使ったコミュニケーションテクニックの具体的な活用法など、本には書かれていないような実例(これおもしろい!)を交えながらのセミナーです。

短い時間でしたが、数回の実戦ワーク(300人がいっせいに!)をしながら、ほんのちょっとしたしぐさや言葉から、人の心を読み取る(引き出す?)ための練習をしました。

個人的には「本気モードのスイッチの入れ方」が大変勉強になりました。(ココペリ先生!ありがとう!笑)

ハートのこもったテクニック。

石井さんも言っていますが、コミュニケーションはテクニックだけではうまくはいきません。
けれども、何も考えずに、ただ自分の思い込みだけで相手を理解した“つもり”でもうまくいきません。
…っていうか、こっちのほうが危険です。

コミュニケーションの第一ステップは「相手に興味を持つこと」です。
ただのテクニックではなく「ハートのこもったテクニック」は、人を動かします。いや、結果として相手が“自分で”動いてくれます。

細かい内容は“深すぎる”ので話せませんが、今後の仕事やカウンセリングに役立てたいと思います。

 

投稿者 kuro : 00:11 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック(0) | ID:83

ページトップ△

2005年12月10日

ブレーンストーミング(おもしろいことVer.)

成功者になるための必読ブログとは?

男だらけの…

「でさぁ~、それってちょぉ~やばくな~ぃ↑?」(女子高生風に)

なんて感じで、今日は昼から渋谷で打ち合わせ。

…いや、少なくともそんな“桃色”な感じではなかったです。(汗)

それでも昼の1時から、夕方6時まで、男たちだけで5時間も盛り上がってました。

夢を語る。

僕は「夢は口に出すことで実現する。」と信じているので、いろいろなところで、いろいろな人に対してしゃべります。

実現可能かどうかなんて考えずに、「こんなことやったら楽しいな」とか、「こういうサービスって便利じゃない?」とか、とにかく言いたい放題。(笑)

いいアイデアを思いつくには、ブレスト(ブレーンストーミング)のルールと同じで、まず“アイデア出し”のレベルでは制限をかけないことだと思います。

とにかく多くのアイデアを出し、相手のアイデアに便乗し、自分のアイデアを否定しないこと。あまりにも話が飛びすぎて、収拾がつかなくなることもありますが、最初はそれでもいいんです!(キッパリ!)
そして、ある程度アイデアが出尽くしたら、今度はそれを取捨選択しながらまとめていくのです。

実現不可能な理由を探すのは簡単です。(意外とこんな人、多いのでは?)
「時間がない」「金がない」「協力者がいない」などなど、理由付けはいくらでもできます。
でも、これでは絶対に実現しません。宝くじを買わないと当たらない理論と同じ。(かな?)

最初から実現不可能なことを探すのではなく、多くの選択肢(可能性)の中から、実現可能なものを探す…みたいな感じですかね?

以前の記事にも書きましたが、夢を語ったって、誰にも迷惑はかかりません。(熱くなりすぎて暴れないように。 笑)
なので、周りや自分の中のの否定的な言葉は気にせずに、大いにアウトプットしてください!!

さて、次は?

とはいえ、やっぱり夢は実現させてこそ価値があります。

今日打ち合わせをした相手は、僕の弱い部分(足りない部分)を持っているので、お互い補完しあえれば、必ずおもしろいことができるんじゃないかなーと。

ほんの小さな一歩でも、その積み重ねが成功につながるはず。

さらに、たまたまその弟さんも会社にいて(弟さんもIT系の社長)、僕が前々からやりたかったことを、別の角度から考えていることが発覚。そこでも有意義な話ができました。

これからおもしろくなるぞー!!

 

投稿者 kuro : 02:11 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック(0) | ID:84

ページトップ△

2005年12月 7日

プチゴージャスなお誕生日。

成功者になるための必読ブログとは?

たまにはおしゃれをして。

昨日もお伝えしましたが、パートナーといっしょに「誕生日ディナー」に行ってきました。

場所は恵比寿のジョエル・ロブション。ガーデンプレイスのど真ん中に鎮座する、あのシャトーレストランです。

外観はこんな感じ。

robuchon.jpg

誕生日だし、なかなか行く機会がなかったので、普段めったに着ないスーツなんぞを着て、プチゴージャスな気分を味わってきました。(笑)

ザ☆フレンチ!

以前はタイユバンとロブションのコラボレートレストランでしたが、今年に改装してジョエル・ロブション直系のレストランになったそうです。(残念ながらウェブサイトはしょぼいです。)

1階と2階でメニュー(と値段!)が違うのですが、今回はちょっと背伸びして(ってか、だいぶ背伸びして。)2階の「Joel Robuchon Restaurant」へ。

通常コースだと18皿もでてボリュームたっぷりなのですが、二人とも小食でそんなに食べれないので、事前に12皿の“12月6日のコース”にしてもらいました。

ゴージャスなシャンデリアと、天井の高いゆったりとした空間にしばしホケ~っと。

平日だからなのか、クリスマス時期にもかかわらず、意外と空いてました。(結局あとから来たけど。)

ソムリエとの対決。

さて、席に着くとソムリエさんが来て「お飲み物は何になさいますか?」と。
(来たな!ソムリエめー。)

もちろん、ここは男らしく(?)

「お酒はいっさい飲めません!」(キッパリ!)

勝ったな…。

…いや、かなり負けてます。...orz

冗談はさておき、せっかくのフレンチなのにとても残念ですが、飲めないものは仕方がありません。(ほんと、飲めたらもっと楽しいんだろうなー。)

ソムリエさんの、ほんのちょっと慇懃な態度(被害妄想)を感じながら、ペリエを飲みまくりました。(笑)

料理ウマー。

料理は、キャビアやフォアグラなどフレンチの定番食材をなんだかこう…うまーくむにゃむにゃってした、おいしい料理(ボキャブラリ不足で、とうてい一言じゃ言いあらわせません。)や、甘鯛(ウロコもパリパリで食べれる!のポアレ、仔羊のローストなど、とにかく“ザ☆フレンチ!”な料理を堪能しました。

すぐに忘れちゃうので、詳しいメニューを書いておきます。(汗)

  • リンゴ 小さなパールにし、ウォッカのグラニテと共に
  • オシェトラキャビア 細インゲンと共にミモザ風サラダに仕立てて
  • ボルドー産セップ茸 なめらかなフランにし、パセリのカプチーノと共に
  • 房州産アワビ 冬蕪のキャラメリゼ フォアのクーリとナベットオイル風味で
  • 栗カボチャ 自家製ニョッキにし、ミモレットと白トリュフを添えて
  • ビーツ 天城産ワサビ風味のパセリ、フォアグラと共にラヴィオリ仕立てに
  • 長崎産甘鯛 カリッとポワレし、ピスタチオのバターソースと赤ワインのエッセンスで
  • 旬の甲殻類 薫り高いルイユを溶かしながら
  • 仔羊 パストラル風にローストし、ハーブのサラダを添えて
  • スペルト小麦 リゾットに金箔をあしらって
  • コワンで作ったオレンジ風味のタタン ローズマリーのアイスクリームを添えて
  • 栗 トルテリーニにして洋梨のスープに浮かべ、栗のはちみつのアイスを添えて
  • カフェ

もっと詳しい説明は…次回また行ったときにでも。(汗)

楽しいお食事。

ご飯を食いに…ではなく、食べに行って「楽しい」って感想もないだろうって感じですが、やっぱり日常からちょっと離れた空間で、時間をかけておしゃべりをしながら、普段食べないようなものを食べるってのは“楽しい”もんです。

テーブルについてくれた担当の人(ああいう人ってなんていうの?)も、とても気さくでウィットに富んだ人たちで、とても“気持ちよく”食事ができました。

料理もおいしく、サービスも上々。さすがにちょっと値が張る(今の僕にとってという意味です。)だけのことはあるなーと改めて感心しました。

ちなみにパートナーも12月4日が誕生日なので、特別に用意したケーキには、二人の名前が飾ってありました。

あー、満足満足。たまにはこんなのもいいかな。

フレンチなんてなかなか行かないけど、今度はピエール・ガニエール・ア・東京に行きたい…ではなく、行きます。(このあいだテレビでやってました。…ってミーハーですがなにか?)

 

投稿者 kuro : 02:14 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック(0) | ID:85

ページトップ△

2005年12月 6日

今年の目標をたてる。

成功者になるための必読ブログとは?

とりあえず…祝!

え?今年って…あと1ヶ月弱しかないけど?

まぁ、カレンダーではそうなんですけど、実は今日は僕の誕生日なんです。

ってことで、本日34歳になりました。(きゃー!パチパチっ!!)

「今年」というのは、“34歳の1年間”という意味で。

負けないこと。

この1年(33歳の年)もいろいろとありました。

多くの人と出会い、多くのことを学び、気づき、そして行動を起こすことで、自分の夢を少しづつクリアすることができました。まだまだ残っている夢もいっぱいありますが、それはまた来年クリアしていきます。

で、今年の(34歳の年)目標は…

負けないこと。

でっす!

…かなりアバウトで申し訳ありません。(汗)

勝ち負け。

詳細な目標(アファメーション=肯定宣言)はいつも1月1日にたてるんですけど、誕生日のときは毎年大雑把な、でも自分のベースになるような(感覚に響くような)目標をたてるようにしています。

もともと仕事やプライベートで争うことがキライなのですが、社会生活の中ではどうしてもそういう局面にぶち当たることがあります。

そこで、「相手を負かそう」とか、「勝とう」とかといきり立つのではなく、「負けない」ことにフォーカスしようかなと。肩肘張らずに、適度なバランス感覚が持てれば、すごくリソースフルな状態でいられるんじゃないかと。

もちろん、勝ち負けを全否定するわけではありません。(勝負ってスリルがあっておもしろいですしね。)
時には勝負モード全開で立ち向かうことも大事です。
けれども、あまりそういうことにとらわれすぎても…何かつまらないでしょ?ギスギスするし。

リソースフルな人。

僕の理想は、ほかの人を蹴落として上に立つのではなく、いっしょに上っていくような感じです。

自分も含め、自分の周りや、自分に関わる人がハッピーになれるような、そんな「リソースフルな人」になる1年にしたいと思います。
もちろんそれには自分が、“ゆるぎないハッピー”を手に入れることが前提です。

“ゆるぎないハッピー”を手に入れるには…?

いろんな方法がありますが、それはまた後日。(笑)

ほかの人にとっては、なんだか漠然としていて、あいまいなことかもしれませんが、この「負けない」という言葉は、“ゆるぎないハッピー”に繋がる言葉として意外と腑に落ちました。

さて、どんな1年になるのか…?今からドキドキ&ワクワクしています。

今日の夜は以前から予約をしていたレストランで、ちょっとだけ豪勢なディナー。
パートナーといっしょにオシャレをして、普段の生活では味わえないような、スペシャルな時間を楽しんできたいと思います。

リアルな妄想をリアルにするために。(笑)

その辺はまたブログにて。

 

投稿者 kuro : 01:21 | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック(1) | ID:86

ページトップ△

2005年12月 1日

未公開株の勧誘。

成功者になるための必読ブログとは?

秘密のお知らせ。

「いや…実はですね、ここだけの話なんですけど…。」

こんな調子で切り出されると、思わず

「なに?なに!?」

と、食いついてしまいますよね?

うちの実家の親にもこんな話が舞い込んできたそうです。

情報の真偽はよく確かめて。

「実は、今はまだ上場していないんですが、来年の春ごろに上場予定の○塚化学ホールディングスの“縁故株”を特別な方だけにお譲りしたいというお話がありまして…。」

怪しげな資料とともに、東京の会社から営業がかかってきたそうです。

100万円分を一口として、それが上場したさいには最低でも170万円にはなる予定だと。

約半年で最低70万円の利益…おいしい。おいしすぎる。

両親は多少株をやっているので、株屋からIPOの情報とかが入ってくるのかなーと、ちょっとうらやましく思っていましたが、よくよく聞いてみると、普段付き合いのある株屋さんではなく、突然の営業だったらしい。

ホントだったらすっごくおいしい話だし、まぁ、自分もちょっと興味がわいたので、おせっかいながらちょっと調べてみました。

すると、

あ、怪しい。…かなり怪しい。

まず、ネットでその営業をかけてきた会社を検索。名前は「(株)トップ○サーチ」。トップのリサーチ会社という意味か?

資料にある住所(台東区)と社名などを入れて検索ボタンをポチッ。

…1件も引っかかりませんでした。(同名の別会社(住所は青山)は数件ヒット。)

さらに気になったので「大○化学 詐欺」「○塚化学 未公開株」で検索してみると…。

こんな感じ。

あ、あぶねー。思いっきり詐欺っぽいです!(笑)

詐欺事件が未然に防げて…ホッ。

いろいろ調べてみると、どうやらここ1、2年のあいだでIPO(株式公開)で高値がつく株に注目が集まり、それと前後してこういう詐欺まがいの事件が頻発しているらしい。(詐欺なのか、“まがい”なのかは事件によりけりらしい。)

上記の新聞記事で、業者に問い合わせてみると、

「将来に上場すると想定し、株式の購入を勧誘している。ただ、確実に上場するとして勧誘をしているわけではない。セールスマンが誤解を招くような勧誘をした可能性は否定できないが、会社としてはリスクがあることも説明している」

と、のたまっているらしい。

ちなみに大塚○学ホールディングスのサイトにも

  • 当社は、株式の売買につきまして外部の法人もしくは個人に委託など一切しておりません。
  • 当社が近々上場する予定であるといった内容にて勧誘している例が見受けられますが、当社は上場に関して、現在のところ全く予定はございません。
  • 当社株式には「譲渡制限」が付されており、上場会社のように、自由な名義書換はできません。
  • 法外に高額と思われる売買価格を提示している例も見受けられます。

とありました。

っていうか、そもそも証券業登録、証券仲介業登録もしないで個人に未公開株を売りさばくなんて違法でっす!

…夜中の3時に、速攻で親にメールして「手を出すな」とアドバイスしました。(笑)

…まぁ、えらそうに「アドバイス」なんて言ってますが、最初は「半年で倍近くの利益…おいしいかも。えへ。」なんて思っていましたけどね。(汗)

情報の取捨選択。

情報はうまく使わないと、ただ振り回されてしまうことにもなりかねません。
判断を誤ると、大きな落とし穴に落ちてしまう可能性もあります。

決して「何でもかんでも疑う」という意味ではなく、

人の意見や情報を、ただ鵜呑みにするのではなく「自分の知識や目、感覚を総動員して“自分にとっての”真贋を見極める。」

つまり「自分の情報フィルター」を強化することも大事なんだなーと感じました。

それにしても、なかなか情報の集まらない田舎の年寄り(失礼!)を狙った悪質な詐欺事件。

…気をつけろッ!(若干古め。 by長井秀和)

 

投稿者 kuro : 17:12 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック(0) | ID:87

ページトップ△